忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

和音

和音


「和音について」ということなら、もっと構えて専門的な視点から書くべきか、とも思いつつも、日常の自分の気持ちで感覚として時おりよぎることから「気楽に取り扱ってもいいよな」そんな思いで書いてみる。和音に関するウンチクよりもっとストレートな表現を試みよう。和音の呼び名において一般に親しみやすいのはコード・ネームだろう。CとかGとかFとか。私の感覚では、「G7sus4」とか「Am7」とか「Cadd9」とかこのあたりのコードが、織り成すひとつの風景や抽象イメージとして、普段の生活イメージの中でも主格を取り囲んでいる、それか物事の隙間を埋めるのに常に鳴り響いている感覚がある。もっとも主格によりその物事の橋渡しや、時と時を結ぶのに垣間見る「ある感覚」としか表現できないものでもあるが。「Fmaj7」にしろ、「Fadd9」にしろ、C~Fへ、F~Gへ音の世界をつなぐ際、両方の領域が混ざるところでの表現に相応しいコードなのだが、主旋律をストレスなく導くようなために存在すれども、その勢いが勝ると主格をぼやけさせたり、その行き先を迷わせたりする。こういったことが私の思い込みに大変強く作用するところから、それら音の世界と普段の生活のコントロールに若干食い違いを起こし、それらが玉にキズ…いや、随分な欠点となっている気がするな、とも。


emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]