忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

野鳥

野鳥


調べものに頼らず、自分の記憶やイメージ、知識だけで記してみる。群れからはぐれた野鳥が一羽。おそらくその野鳥は生きてはゆけない。又、はぐれるには相応の原因があったろう。身体が弱いとか、人ではないからなんとも言えないけれど、心の何かが仲間とは少しだけ異なっていたか。脳の回転が仲間より早いとか、動きが速いとかだって、そのバランスによっては、はぐれるなんらかの原因となるだろう。ある、はぐれた野鳥の雛が人の手で育てられたとする。その野鳥がその人の世界に稀にも順応できたなら、野鳥ではなく、籠の中の鳥として出来る限りの生をまっとうするだろう。もしくは、種族的性質上人の世界への順応は難しく、成長してから野鳥の群れに返すとする場合、人の世界から野生の世界へ順応出来るかどうかは、その育てた者の育て方によるだろうし、またその野鳥の頑張りや体力、精神力、野性的本性のようなものに期待するしかない。鳥の世界のことなら、こうしたイメージまでなら人として考え持つことができる。では人間自体はどうだろうか。自覚なく幼き頃、または出生前に本来の群れからはぐれ、異なる群れで育った者がいたとして、その者は元の群れのことを知らないし、周りの者は何も知らない。周りの者はどこかが、何かが自分と違う。周りで気づく者はなく、常に自分だけおかしい?としか思えず。しっくりこない、なぜか居心地悪い、いつも居場所がない、何かが足りない、なんだかわからない、誰もとりあってくれず、誰にも話しようがない・・・そんな想像がめぐる今朝。


emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]