忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間



自分は自分の『時間』の中を過ごしている。公的な『時間』というものが、誰の周りにもあって、おおよそのことはその『時間』の概念の共有に基き、「約束」だったり、「目的」であったり、身近なところでは「出勤」や「通学」、「時給」なんていうのもある。経済の観念と、その公的な『時間』の指針(表現が正しくないかも)は、常識としてはほぼ一致している、という中で人々は生活している。よって「遅い」も「早い」も、特別な場面や特別な感覚でないなら、通常は均一化していて、例えば「約束の時間」に遅れれば、「遅い」であるし、何か多くの要素と比べて早いことがあれば、「早い」であって、良くも悪くもそれらの評価は他人に望まなくても、自分で自分の評価をする事も可能だ。他人とのコミュニケーションの際、自分はこの『時間』の感覚によく苛まれる。今はひとつの事柄に関し、その問題に向き合おうとした最中、自分が取掛かったタイミングが、どうやらあまりにも「自分の感覚」過ぎたせいか、発言したこと、やりとりしたことと、その起きている結果に著しい時間差が生じており、またもや「自分『時間』」の中に放り込まれてしまっている、いや、自分自身でそこに身を置いている自分と向き合うことと成っており、非常に困惑している。どうして自分はこうなんだろう。どうして「自分『時間』」で過ごす自分が「悪い」と、自己で評価するような結果を自分は自身に導くのだろう。ある一方の自分の中では「それでよし」という思いもあるにはあるが、なかなかどうしてややこしい。


時間はあるのか、ないのかemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]