忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自信



昨日「4月19日付」で、「格好」について、このメモブログで取り扱った。そこでは『自信』に関わる「何か」、ということで、書き表したのだけれど、この記事が反映される4月20日には、既に「RAGAROCK 一周年記念ライブ」は、終了しており、その「何か」について、ある程度手応えがあるか、はたまた検討違いなことだったか、そのあたりのことが、自分自身で感じられているかもしれない。この記事を書いているのは実際は、4月17日なので、その「何か」について、それは『自信』のことであったか、それともまた別の「何か」についてかどうか、今は結果としては記すことができない。従ってここは思い切って「予想」で書き表してみることに挑戦してみよう。自分には『自信』がない。それは「背格好」や「見てくれ」みたいなもの、と、ここで思い切って白状する。たぶんなのだけれど、この「白状」が大切だったんだ。そしてそれとは別にまた、自分の中の「クセモノ」ではあるけれど、変に、妙に存在している『自信』があったりもするのは自ら承知している。その「変に」と「妙に」としている『自信』を「思いっきり」拾い上げてみよう。その『自信』を明確にして、『自信』のない自分を「『自信』有り」の色かなんかに「塗り替える」、それか「上書き」してしまおう。自分にある『自信』とは何か。それは「センス」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「即効性」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「チューン(チューニングのバランス)」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「自分自身の存在」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「仲間の存在」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「バンド=RAGAROCK の存在」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「ギター演奏」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「作曲」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「友人が作曲した楽曲に対する取り組み姿勢」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「ギター用アンプの鳴らし方」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「ギターエフェクターの操作」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「時間制約の中での無限の表現」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「周波数の中での存在感の表現」にある。自分にある『自信』とは何か。それは「楽音一音一音に入れ込む思い入れ」にある、などなど。これら『自信』の存在を自分自身に認めることで、「自信がない」を書き換えてしまうことにした今日のメモでした。


『自信』かぁemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]