忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再定義

再定義:ver.20150223


このことは何度か書いてみたい。
心理学において『再定義』という
概念があるようだが、そちらには
まだ至らない自分が勝手な解釈を
ここに記す。いつかそれらのこと
を専門的に学習する機会があれば
この内容は自ずと書き換えること
に成るかも知れない。『再定義』
とは単に会話に於いて、相手が持
ちかけてきた内容に対しそれに直
接答えず、間接的や、ある意味遠
まわしな返答をおこなう際に再定
義される、再定義となることが多
いと思う。自分は生まれてこの方
、直接的な返答や、感情の受け答
えは、出来るだけしないほうが、
良いこと、という風に身につけて
きてしまったことを多く感じる。
相手からなんらかの会話を提示さ
れた場合に、出来るだけ先回りを
する、とか、相手の喜びそうな返
答を、会話中に予め予想をして行
き、その流れで、相手にとって、
喜ばしい度合や、こちらに受取る
印象を適度にコントロールしなが
ら、様子をみながら会話をしてい
くことになる。ここでは直接的な
感情もみせつつ、コントロールし
た、思考による会話文句を操って
いく。相手がその様子に同調する
なら、どんどん『再定義』もおこ
なっていくことになる。このこと
による、心的負担は大きく、会話
そのものが、ある一定のコンディ
ションでないとおこなえないこと
が生じてきてしまったり、それら
の、コントロールムラ、性格や、
体調、その日の心理状況によって
大きく変化してしまう自分と向き
合うことになってしまったり、会
話する相手を選ぶことを必要とし
てしまったり、が、意識外にも、
いろいろ作用してきてしまうこと
さえある。ここまで表現したこと
を、自身の中に見たとき、自分は
愕然とした。なるほど、自分は、
会話をすることが段々嫌になって
きていた、億劫になってきていた
、その何でか、解らないところに
、そんな自分の自分で作り上げた
『苦労』が潜在していたとは。


話すのがけだるいときのことemoji

PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]