忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北海道の雲

北海道の雲


私にとって今だ未踏の地である北海道。前回記事で「夢見」について触れたが、あまりにもハッキリ覚えているので夢の表現描写を試みる。近所の懇意にしていたある自転車ショップでのやりとりから。~前略~『その予備タイヤには必ず手作りの注連縄をかけたものだよね』「そういえばそうだったよね…9~10月には毎年用意していたね。今はその注連縄を手作りしていた園芸店は閉店したので最近は忘れていたよ」「あ、鈴木君の関係者じゃない?…何か音楽の関係者があそこにいるよ?」『え?ちょっと行ってみます』見覚え無き紳士風の方が数名。『はじめまして…何か…』「ええ、私どもは北海道のあるところでコンサートをしてきたのです」「場所は…網走・知床半島方面の…大変に景色のよいところで涙がでますよ」この会話の時点で私の居る場所は北海道であった。私はこう答えた。『ホント、そうですよね』『私はあのような雲を今こんな間近に見て…そばに感じているだけでもう涙がでちゃいます』。あのような「雲」とは、最奥には阿寒岳あたり、その遠方から斜里岳や羅臼岳にかけ、大空に弧を描くようにピンクと白、オレンジ色、グレー色のしっかり固まった、まるで超巨大ドーナツが~イチゴホイップとマーブルチョコ、オーロラ模様のグリグリしたドーナツ状の「雲」が。ふわふわと、ゆ~っくりと動き、手の届きそうな窓の付近まで垂れさがってきている、それは北の低温地帯でしか見れないもの、そんな夢だった。まだストーリーは続くけれど、書くと長編化してしまうので前後は割愛で。


園芸店⇒実際に自転車ショップに併設していた園芸店emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]