忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽譜との再会

楽譜との再会


楽譜との別れ』からおよそ10年、バンドの活動が難しくなった頃、独り自宅の部屋のデスクに向かい、ペンを片手に五線ノートを目の前にしている私がいた。その頃(その当時)の追想は『スタジオの重いドア』『アナログマルチトラックテープレコーダー』『メンテナンスに止め処のないコンソール』であって、そういった機器は、バンドサウンド制作には欠かせないレコーディング環境、音響機器群の壁、いわゆるアトリエであり、それらは私が自ら望んだ環境であり、また私自身が10年かけて進んでそこに身を埋めたのであった。その自ら構築した環境から折よく抜け出すことができたのと同時に、それまでの全てのモノを失ったのも私である。全てのノイズから解き放たれた私は、心静かに音符をひとつひとつ、紙に記してゆく。1小節、2小節、と五線譜に自らの手で描かれる音符、その音符からこれまた無限の拡がりが創造されてゆく。そこにはロックサウンドも商業ミュージックも何の制約もいらない。こうして私は「音に埋もれた環境」から脱し「無から音を創造する」こと、音は私の周りの、私自身の内のあらゆるところに存在し、それを私が、あるがまま、聴こえるがまま、手にとり集めればよい、ということを知る。そこに『楽譜との再会』があった。


emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]