忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

核心

核心


絵画寄贈での根岸先生との同行の折。11月30日宮古で別れる間際の車中でのお話をここに記しておこう~と、ここでいきなり核心に触れることを書いても、第三者からは少々解り難いこともあるだろうが、とりあえず今の私の頭にあるものをここで書き出しておいてみて、必要に応じて以後のブログ記事などに補足してゆこう、とも思っている。私は今回の岩手~宮古の旅で体験した様々な思いの中から、またそれまでの根岸先生との会話の流れの中から、こういう切り出しで根岸先生に問いかけた。「R:『自我』がない表現(例えば絵画作品)だからこそ、それを鑑賞する任意の方の想いや感覚に到達し、その中の『ある感覚』は普遍的なものとして永遠に人から人へと継承されていくのでしょうか」「N:いや、やはり『自我』というフィルターを介してこそ、形あるものとしてその表現(例えば絵画作品)は人の想いや感覚に到達するのでしょう」「R:(しばらくして・・・)ああ、そういうことか」「R:自分の『自我』も、自分以外の任意な現象や感覚と同じく実際自分自身をも認める、その意味での『自我』ということが大切、もしくはその『自我』に通じるモノは鑑賞する者にとっての『ある拠り所』となるのですね、きっと」「R:こういうことは頭や理屈で理解できてもそれをひとつの作品として、自分の感覚として表現できるようになるには何年もかかるのでしょうね・・・」


関連記事⇒自我emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]