忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

理解



『理解』という言葉を口にする時。どれだけ『理解』していると言うのだろう、また、どれだけ『理解』してもらえているのか、はたまた、どれだけ『理解』してもらいたいか、『理解』というひと言には重すぎるほど重たい「人の心のうち」があるような気がして。私は何か、自分のことを『理解』してもらいたい、と、そのような自分の「心のうち」について、自分以外の人に望むことは、あるときから諦めているような気がする。慢性化した、自分のその「内なる望みへの諦め」は、いつしかぼんやりと曇ってしまったのか、今では、そんな思いさえも失せてしまっているかもしれない。時々、日常の会話ややり取りでは、なにかの拍子に「うんうん、それ解る」とか「理解しているよ」など、実際には口にしていて、そこでも自分がこれだけのことは『理解』している、という本当の『理解』の度合のことが、さらには相手に、「ああ、『理解』してもらえているんだな」と、受取ってもらえているところにたどり着くまで、一体どれだけの「理解した」が通じているのか実際はわからない、相手の本当の「心のうち」を知ることは出来ない。会話ややり取りなら、その前後の脈や繋がりがある場合は、なんとなくでも『理解』されている、『理解』している、についての雰囲気でその「あたり」のことに落着く他ないのだけれど、『理解』による合致が、なにか『理解』できるような、そういう現象にもしかたどり着けるのなら、人間という自分の実体を『理解』出来るようになれるのかもしれない、できればそういうことを、生きているうちに、人間であるうちに『理解』したいものです…って、あぁ、『理解』さえも夢物語なのでしょうか。


PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]