忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

停止



『停止』という言葉で連想するのは「一時停止」かな。「一時停止」といえば、車などでの交通ルールでお馴染みだし、動画再生やメディアプレーヤーの「ポーズ」機能も思い浮かぶ。生理的に止めるのを好まない、という方もいるかもしれない。そういう意味では『停止』という言葉は、自ずから湧きあがってくる作用というよりは、規制などでの「指令」的なイメージが強いかもしれない。つまり「良い」印象の薄い表現、もしくは硬さを連想させる言葉でもある。何かを学ぼうとするとき、例えば、eラーニングや、動画学習などでは、難しいところ、よく聞き取れなかったところ、繰り返し学びたい箇所などでは、「一時停止」をして、それが動画なら再生箇所を戻すことで再確認するわけだが、これはどういうわけか、難しいところになればなるほど、頭がボーっとして「一時停止」する間もなくどんどん行き過ぎて、しまいには「イヤ」な気持ちになる、といった経験のある方も少なくないのだろう。「自分から止める」ということには、多少の訓練か、慣れが必要だ。車の運転に慣れている者なら、もしかしたらわりかし心得ているかもしれない。私はメディア関連の時間の流れに関する操作、特には、音楽編集などの際、「一時停止」の機能を駆使する。動作を『停止』するのにはいろいろな意味もあるけれど、丁寧に仕上げたり、不明点を失くすか、その凝縮した点にある物事の見極めが大切な箇所を押さえるのにも、つまり、解っている事と不明なことを、どちらにせよ、なるべく把握するための「留まる」ということや「抑止」するという作用で、自身を意図する展開へ導きその上で選ぶことをとっても重視している。そこで「流れを止めない」ということが大切なんだ、と気づいた事も多い。


たかが『停止』されど『停止』かなemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]