忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心境



私は『心境』という言葉をあまり使わない。『心境』で、自分のこころに残っているのは「心境の変化」という言葉かな。さて、『心境』を調べたところこんなふうにあった。『その時の気持ち。心の状態。心持ち。「―を語る」「複雑な―」』。自分としては『心境』と聞くと、なにか複雑な心持ちのことや、構えて聞かないといけない、何か「ドキッ」とすることや、ややもすると、なにか「とんでもないこと」を、言われるのかもしれない、見させられるのかも、という先入観をもっていたのだけれど、そういうのも、「あながち間違いではなかったんだな」と、この言葉を調べたことによって気づいた。『心境』という言葉によって見せられる「何か」について、自然と「構える」という自分を知ったので、ここで、もう少しこの言葉にある「心」と「境」について、とくには「境」について考えてみることで、自分の意識を少し前進させてみようと思っている。ここからは自分の自身に対する想像だけれど、『心境』とある以上、「境」という言葉が付いている以上、その「心」の有様に対する、自身の如何によっては、その心の「境」に於いて、なんらかの変化や、共有でのエネルギーの和合や、意識の衝突などによって、次なるステップへ進もうとする、そのような意識や心の現われだろうな、などと。自分が『心境』という言葉にたどり着いたとき、もしくは『心境』という言葉を受けたとき、強い自分の「心」でもって、そこで起きている『心境』と表される事柄や、その「心の有様」について「向き合っていこう」「なにかをモノににしていこう」というふうに取り急ぎメモをしておきたくなった、という今の自分の『心境』でした。


これこそ『心境』の変化、とかemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]