忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

blogram



自分が書くメインブログである「ねむれないあなたへ」の更新が滞っている。その更新がなされていないのにこんなことを書くのもなんだけれど、「ねむれないあなたへ」を運営するのにいろいろ付随(もしくは付帯)していることで、ランキング・バナーや、コミュニティ関連のバナーのことでひとつ触れてみる。今回は『blogram』のこと。そして『blogram』に関する細かい調査などはせずに、簡単に自分の思いをざっくり書くことにする。『blogram』、その『blogram』の運営者のもっているイメージを私が想像するに、ブログのキーワードランキングと、そのランキング自体に「コミュニティ」の運営目的に値する様々な意味を「関連付ける」という発想が元にはあるようだけれど、その上でも「ブログ・コミュニティ」としてのある一面を特色とした独自性の強いブログパーツで、数あるブログコミュニティの中でも自分はとても気に入っていたもののひとつだ。その『blogram』のランキングバナー、つまり『blogram』の「投票ボタン」を外そうということを試みてみよう、そう思っている。この自分の、試みてみよう、という動作を実際に選択するかどうか、は、自分のこれまでの人生を省みても自分の解釈では「あまりにも難易すぎ」ていて、手が出せなかった分野なのである。さてここで。なぜ、それか、何が、もしくは、さらには人生を省みて、という前置きを記してまでも「自分の解釈ではあまりにも難易すぎて手が出せなかった分野」と私は言うのだろうか。そんな大げさな言い方をするひとつには、自分の性質上の理由もあると思うが、ここではまず「自分にとって」の具体的な視点で取り上げてゆく。その「具体的な視点」のひとつには「投票ボタン」と呼ぶ、運営者もその利用者も自然にそのように呼ぶようになっていたのであろう「ランキングバナーの呼称のこと」もある。またいつか触れてみることもあるかもしれない。


ランキング・バナー=「投票ボタン」emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]