忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正直



今から書くことは自分の内なる感覚のことである。私はあまり会話が得意でない、そう思うことの多い人生をこれまで送ってきている。「会話が得意でない」というのは、本当にそうかどうか、を、自分自身にジャッジしてきた、ということでもあると思う。「自分自身へジャッジ(判定)」をする感覚は、自分自身の防衛本能だったかもしれない。「自分自身の防衛本能」であるかどうか、の判断は、今の段階では自身定かではない。ここまでの流れをみても、実は「定かでない」ということは本当だと思う。自身に対する「会話が得意でない」という判断に至るきっかけや出来事は、からだの感覚で思い出すことができる。ひとつには会話自体の殆どない幼児期を過ごした、ということが思い当たる。またあるときから会話に対し「劣等感」を感じていた筈で、その劣等感に基づく心理状態から、「会話に対する恐怖」や「会話に対する萎縮」という感覚はこれまでも常に心の内に、それとからだの感覚に有していて、それの影響にもよってか、あるときに会話をしていた、としても、そのケースのほとんどが「失敗」それか「嫌な思い」に該当していたことが今からでも自身に対し頷ける。今こうしてこのようなことを書きながらも、こういう風に思うのである、「自分は『正直』にものを言ってはいけない」「自分がそれでもチカラを振り絞って口を開いたとしても」「ほとんどの話が誰にも聴いてもらえず」「その嫌な思いは」「正直に話せば話すほど」「自分がその話し相手、もしくは他人、自分以外の皆より劣っている」「という判断をするしかない反応しか得られない」と。ところで『正直』にものを言う、というほど、『正直』にものを言わない、ということがそんなにあったのだろうか。たぶん、実はそんなになくて、もしくは自身の言うところの自身にとって意味する『正直』ということ自体が、『正直』であるかどうかという以前に、単に『正直』そのものであった筈だ。つまり自身にとって、選べるほどの悠長な物言いや判断はできなかっただろう。あるとき、『正直』にものを言わない、と、これまでの自身に対し決意したとして、その上で何かを話したそのときに、状況説明やことの経緯、発言の経緯、などをしどろもどろでもよいから、伝えようとして、気持ちの核にある自分独特のなんらかの表現よりも、そういった説明や経緯によって人は話を聞いてくれるものだ、と、もし気づいたのなら、自分はやはり「だから」「自分は『正直』にものを言ってはいけない」と判断した可能性がある。こんな風に省みることでも、決定的であった筈の、「会話が得意でない」ということ自体、根拠の乏しい「自分自身へのジャッジ」の影響や、思い込みから自身を制約していた可能性もある。諸々ともまだ定かではないけれど、ここに書いていること自体も、単に『正直』な話である。


へぇ、そっかぁemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]