忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空想



突起のない世界。尖がりのない世界。角のない世界。まんまる世界。事故もない、怪我もない。つるつる、ぴかぴか、もしかしたらヌメヌメ、にゅるにゅる。硬くもないし、摩擦もほとんど感じない。そんな世界では転んでも落ちても痛くない、底もあるのかないのか、どこまでもくるくるりん、まるまるん。|JR山手線に乗ったとき、車両の連結部分にたまたま立つことがあり、そこは完全な連結車両の部分だったからか、車両を仕切るドアがなかった。ドアがないから、最近では窓も開かない車内の唯一風の動きを感じる場所でもある。その気流をそこで感じるのは、外界と隔離する蛇腹の構造にも関係するだろう。クネクネ動く連結部分の蛇腹を見回しその延長で枠周りをくるりと眺めていたら、その枠の内側の角の部分がなぜか気になった。まったくもって90度の内角だ。電車内の手すりや吊り革には今や角がない。シートまわりも最近の車両はあまり角がないように、そのような「角を少なくする」コンセプトのもとに設計されているような気がする。電車が万が一急停車した場合などに人体の接触や加圧がかかった場合の安全のため、危険防止などが目的ではないか、と想像する。そんなこんなをぼんやり思い浮かべていたら、ふと、未来の乗り物や住宅、様々な未来志向造形デザインには、あまり角がないことも併せて浮かんできた。UFOのイメージイラストなんかも通常角ばったものは主流にない。思考や理屈にも角がなかったらどうか。身の回りの通常の物理現象や重力や反重力などの理屈を超えてまでも思いのまま『空想』できるところに想像世界の面白さがある。


未来の世界はどんなかなemoji

PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]