忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

集団



『集団』における自己。自己にとっての『集団』。『集団』に属するならば、その『集団』は、属する者にとっての「社会」の入り口である。一生のうちで最も長い付き合い、となるのは「家族」だろう。長い付き合いか、濃い付き合いか、など結び付きの重さみたいなところで自分にとってのランク付けをもしするならば、期間や深さとは比例しないところで、友人との付き合い、会社などの付き合い、は、『集団』として生活や普段の感覚に近いところを占めるだろうけれど、自分にとって影響力があるのは、もの心つく前に属した家族や、幼馴染などの付き合い、小学校など学校の『集団』だろうか。知識や経験が伴なった上での『集団』とは、会社や趣味の集まり、また、選択できる『集団』に、コミュニティや成人した後に出会う友人などとの集まりなどが思い浮かぶ。さて、自分は何を言いたかったか。『集団』という言葉や集合体に纏わるなんらかの現象に「個」として積極的に関わることを少々苦手、と感じる自分を思ったところ、それでも『集団』なくしては「社会」との隔たりが生じてしまう、そんなもの思いから漠然とだけれど、『集団』について「書く」ということをしてみたい、とふと思い、ここにこうして書き出してみた。特にまとまりはなく、また主張のない、不安定なぼんやりとした記述となったか、と思う。


『集団』とか「社会」とかemoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]