忍者ブログ

Ryoji Suzuki Memo

memoRyoji Suzuki image (メモ&ダイアリー)は Ryoji Suzuki の日々の心の足跡。自分向けのメモですが公開しています。良かったらご覧ください。ブログはこちら⇒ねむれないあなたへ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メトロノーム



音楽に係わるもので、自分が普段所持している物、そのひとつに電子『メトロノーム』がある。これは技術的に「自分がやばい」と、20年前に思ったことがあって、それは、自分の体調やコンデションの違いによる、音の聴こえ方や、演奏する場合のテンポ感の「無意識な違い」を認識したときのことだ。この「テンポ感の無意識な違い」について、今では確たる自信がある話、という訳ではないけれど、今日まで訓練したことによって、ある程度の自信と安心感は持てるように、かろうじて成ってきている、と、自身を思う。メトロノームを使用した楽器の練習は、今でもほぼ欠かさず実行している。自分の気持ちのあり方や精神状態、体調、昼夜の違い、などでのある程度の「テンポ感の違い」については「無意識」ではなくなりつつある。かといって、「どんなときでも意識的に操る」というまで出来ている訳ではないが。自分にとって基準としてきたテンポは120BPM。ここ10数年の間は、常に120BPMで、それだけは練習するように心がけた。ひとつのことだけ、ではあったけれど、これまではそれしかできなかった。最近になって漸くその殻から抜け出すことができつつある。今では、なるべく色々なテンポを試みるようになってきた、それをするのに、無理なく、ある程度自然に。10年ほど前には、「『メトロノーム』依存」を、感じ始めた時期もあった。テンポを単独で維持するのに自信が持てなくなった時期もあった。今は、『メトロノーム』が手放せないわけではない。「必要に応じて」使用するし、使用する場合は楽しめるようにもなれてきている。いつも私のそばに居てくれた電子『メトロノーム』。これからもずっと一緒に居るのだろう。「音叉」そして『メトロノーム』。


私の「3種の神器」かな・・・emoji
PR

Ryoji Suzuki への連絡
メールフォーム




頂戴しましたメッセージの確認及びお返事のご用意にお時間もしくは日数がかかる場合がございます。

× CLOSE

プロフィール

HN:
Ryoji Suzuki
性別:
非公開

最新記事

(04/29)
(04/23)
(04/21)
(04/20)
(04/19)

P R

× CLOSE

Copyright © Ryoji Suzuki Memo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]